アジア枠削減で…八村塁“日の丸ユニ”は東京五輪が見納めか

公開日: 更新日:

 男子バスケットボールのW杯(中国)は昨9日、順位決定戦を行い、日本はモンテネグロに65―80で大敗。1次ラウンドも含めて5戦全敗で、出場32チーム中31位。日本は得失点差マイナス130で、フィリピン(マイナス147)を上回って最下位は免れた。

 日本は、来年の東京五輪を最後に国際舞台から姿を消しかねない。今大会は日本を含むアジア勢が振るわなかったからだ。

 W杯は今大会からアジア・オセアニアの出場枠を従来の「3」から「7」に増やした(開催国の中国を除く)。アジアのレベルを底上げしたいFIBA(国際バスケ連盟)の方針だが、ふたを開けてみれば、8強入りしたのは豪州のみ。世界ランクでアジア最上位のイラン(27位)を筆頭に、中国(30位)、韓国(32位)、日本(48位)と軒並み2次ラウンド進出を逃した。大陸間のバランスを是正するため、FIBAは次回23年フィリピン大会からアジア枠を削減するのは必至とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る