アジア枠削減で…八村塁“日の丸ユニ”は東京五輪が見納めか

公開日: 更新日:

 男子バスケットボールのW杯(中国)は昨9日、順位決定戦を行い、日本はモンテネグロに65―80で大敗。1次ラウンドも含めて5戦全敗で、出場32チーム中31位。日本は得失点差マイナス130で、フィリピン(マイナス147)を上回って最下位は免れた。

 日本は、来年の東京五輪を最後に国際舞台から姿を消しかねない。今大会は日本を含むアジア勢が振るわなかったからだ。

 W杯は今大会からアジア・オセアニアの出場枠を従来の「3」から「7」に増やした(開催国の中国を除く)。アジアのレベルを底上げしたいFIBA(国際バスケ連盟)の方針だが、ふたを開けてみれば、8強入りしたのは豪州のみ。世界ランクでアジア最上位のイラン(27位)を筆頭に、中国(30位)、韓国(32位)、日本(48位)と軒並み2次ラウンド進出を逃した。大陸間のバランスを是正するため、FIBAは次回23年フィリピン大会からアジア枠を削減するのは必至とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る