米国にわずか4得点 八村塁が見せつけられた“本当のレベル”

公開日: 更新日:

 日本の大黒柱がNBAの壁に阻まれた。

 5日の男子バスケットボールW杯(中国・上海)米国戦。第1クオーター(Q)序盤から、本場米国との実力差を見せつけられ、45―98と大敗を喫した。1次ラウンドの第2戦まででチームトップの36得点をマークしていた八村塁(21=ウィザーズ)は、相手の徹底したマークにあって、わずか4得点。第3Qに決めたワンハンドダンクが数少ない見せ場だった。

 10月のレギュラーシーズン開幕を前に、NBAの洗礼を浴びた八村。試合後は「オフェンスでもディフェンスでも、これからの日本のバスケのために何かを掴めたんじゃないかと思う」と前向きに話したが、自身はオフェンス、ディフェンスとも不完全燃焼に終わった。

「相手の厳しいマークにあって、ボールレシーブすらさせてもらえなかった。ほぼ完璧に封じ込まれましたが、こんな時こそアグレッシブにオフェンスリバウンドにいくべきです。他の選手がシュートを放った時に、タイトなディフェンスを振り切ったり、自身のエリア外でも空中のボールに反応するなどして、積極的にリバウンドを奪いにいくことも必要です。また、味方からのパスを待つのではなく、自らスクリーナー(相手の防御を崩す動き)となって、空いたスペースでボールを受けるなどの工夫も欲しかった。ディフェンスではNBAレベルにまで達していないため、まずは動きだしの際の1歩目の速さを意識すべきでしょう」(日本代表前ヘッドコーチの長谷川健志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る