米国にわずか4得点 八村塁が見せつけられた“本当のレベル”

公開日: 更新日:

 日本の大黒柱がNBAの壁に阻まれた。

 5日の男子バスケットボールW杯(中国・上海)米国戦。第1クオーター(Q)序盤から、本場米国との実力差を見せつけられ、45―98と大敗を喫した。1次ラウンドの第2戦まででチームトップの36得点をマークしていた八村塁(21=ウィザーズ)は、相手の徹底したマークにあって、わずか4得点。第3Qに決めたワンハンドダンクが数少ない見せ場だった。

 10月のレギュラーシーズン開幕を前に、NBAの洗礼を浴びた八村。試合後は「オフェンスでもディフェンスでも、これからの日本のバスケのために何かを掴めたんじゃないかと思う」と前向きに話したが、自身はオフェンス、ディフェンスとも不完全燃焼に終わった。

「相手の厳しいマークにあって、ボールレシーブすらさせてもらえなかった。ほぼ完璧に封じ込まれましたが、こんな時こそアグレッシブにオフェンスリバウンドにいくべきです。他の選手がシュートを放った時に、タイトなディフェンスを振り切ったり、自身のエリア外でも空中のボールに反応するなどして、積極的にリバウンドを奪いにいくことも必要です。また、味方からのパスを待つのではなく、自らスクリーナー(相手の防御を崩す動き)となって、空いたスペースでボールを受けるなどの工夫も欲しかった。ディフェンスではNBAレベルにまで達していないため、まずは動きだしの際の1歩目の速さを意識すべきでしょう」(日本代表前ヘッドコーチの長谷川健志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る