ウィザーズ八村ついにパンク W杯フル回転の大きすぎる代償

公開日: 更新日:

 若きエースが、ついにパンクした。

 男子バスケットボール日本代表の八村塁(21=ウィザーズ)が膝の不調と疲労を訴え、W杯(中国)の順位決定戦の2試合(ニュージーランド戦、モンテネグロ戦)を欠場することになったのだ。

 日本協会によれば、NBAのキャンプインが約3週間後に控えていることから、協会とウィザーズが協議して八村の離脱を決めたという。

 八村は協会を通じ「とても難しい決断だった。体調は様子を見ている段階ですが、ウィザーズ、日本チームともにNBAシーズン、そして東京五輪に向けて、僕がベストな状態になれるよう最大限の協力をしてくれると信じています」との談話を発表した。

 日本の大黒柱だけに、今大会の八村はフル回転の働きを強いられた。1次ラウンド3試合のプレータイムは89分(1試合平均29分9秒)。5日の米国戦では第4クオーターでベンチに下がったとはいえ、渡辺雄太(24=グリズリーズ)の91分(同30分4秒)に次いで出番が多かった。7月のNBAのサマーリーグから、今大会直前の強化試合と合わせて計6試合をこなした上に、チームの期待を一身に背負って来ただけに、息切れするのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る