ビーチ代表がタチヒに勝利 ラモス監督の一喝でチーム豹変

公開日: 更新日:

 ビーチサッカーの日本代表が28日、兵庫県明石市大蔵海岸公園で行われた国際親善大会で強豪タヒチ代表と対戦。4-4の同点から突入したPK戦を5ー4で制し、格上相手に勝利を収めた。

 第1ピリオド3分にFP大場崇晃が先制ゴールを叩き込んだ。しかし4分、9分、12分と立つ続けにゴールを奪われ、日本は第2ピリオドを終わって2ー4とリードされた。ここでエネルギッシュな指揮官の登場だ。  ビーチ日本代表監督のラモス瑠偉が吼えた。

「選手から<自信を持ってチャレンジする><勇気をもってトライする>気持ちが消え失せ、プレー自体にも戸惑いが感じられた。こうなるとチームのコンビネーションも悪くなる。ワタシは雷を落としました。選手たちに『私たちはアジアチャンピオン。たとえ負けるにしても、精いっぱい戦ってから『負けようじゃないか!』と伝えた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る