ビーチ代表がタチヒに勝利 ラモス監督の一喝でチーム豹変

公開日: 更新日:

 ビーチサッカーの日本代表が28日、兵庫県明石市大蔵海岸公園で行われた国際親善大会で強豪タヒチ代表と対戦。4-4の同点から突入したPK戦を5ー4で制し、格上相手に勝利を収めた。

 第1ピリオド3分にFP大場崇晃が先制ゴールを叩き込んだ。しかし4分、9分、12分と立つ続けにゴールを奪われ、日本は第2ピリオドを終わって2ー4とリードされた。ここでエネルギッシュな指揮官の登場だ。  ビーチ日本代表監督のラモス瑠偉が吼えた。

「選手から<自信を持ってチャレンジする><勇気をもってトライする>気持ちが消え失せ、プレー自体にも戸惑いが感じられた。こうなるとチームのコンビネーションも悪くなる。ワタシは雷を落としました。選手たちに『私たちはアジアチャンピオン。たとえ負けるにしても、精いっぱい戦ってから『負けようじゃないか!』と伝えた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る