米大統領選をも左右する民主党候補と米球界の浅からぬ関係

公開日: 更新日:

 米国の大統領選挙は長丁場だ。現職大統領のドナルド・トランプの指名が確実な共和党に対して、民主党の候補者たちは2020年夏の党大会での指名を得るまで1年以上にわたって選挙戦を行わねばならない。

 その中で、民主党の有力候補はジョー・バイデン、エリザベス・ウォーレン、バーニー・サンダース、カーマラ・ハリス、ピート・ブーテジェッジの5人に絞られている。

 トランプが大リーグの経営者たちと深い関わりを持っていることは周知の通りだ。それでは、民主党の有力候補たちは、球界とどのような関わりがあるのだろうか。

 オバマ政権で副大統領を務めたバイデンは、民主党穏健派を代表する重鎮であるとともに、政界屈指のフィリーズ好きとしても知られる。ワシントンDCで行われたナショナルズとフィリーズの公式戦を観戦した際には、ナショナルズよりもフィリーズのクラブハウスに長く滞在したし、オバマと大統領候補の指名を争った08年の民主党大会で、バイデンを紹介したのがフィリーズの主力選手だったジミー・ロリンズであったことは、バイデンとフィリーズの間柄の深さを象徴している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る