契約延長へ必死 CSは巨人ゲレーロの“最後っ屁”に要注意

公開日: 更新日:

 今季限りで現役生活を終える巨人阿部慎之助(40)が26日、ジャイアンツ球場で二軍メンバーに引退を報告した。

「これから壮大な夢を持って野球をできることを誇りに思って今後やってください。僕も何らかの形でみんなに携わるかもしれません」などと挨拶。その後、巨人は来月9日から始まるクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージへ向けた全体練習を開始した。

 そんな中、意気込んでいる男がいる。中日時代の2017年に本塁打王になっているアレックス・ゲレーロ(32)である。

 26日現在、打率.237、21本塁打、54打点。2年総額8億円の助っ人にしてはパッとしない成績だ。それでも15日の阪神戦で優勝マジックを5とする劇的な逆転弾を放ち、ベンチ裏で涙を流した。「ホームランを打って涙したのは人生で初めて。感動的な一打になった」と言えば、原監督も「まさに起死回生」と褒め称えた。2年契約は今季で切れる。契約延長へ必死のアピールが続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る