アマ古江に逆転負け…三ケ島かなに“堀琴音の二の舞”懸念

公開日: 更新日:

【富士通レディース】最終日

 二の舞いを心配する声がある。

 首位と1打差の2位発進の古江彩佳(19)が67で回り通算17アンダーまでスコアを伸ばし、逆転で国内史上7人目のアマチュア優勝を果たした。2打差の2位タイに稲見萌寧(20)と三ケ島かな(23)が入った。

 ツアー未勝利の三ケ島の最終日単独首位は、昨年10月の三菱電機レディス以来2度目(最終組は4度目)だった。

 プロ入り同期(90期生)の稲見、大里桃子渋野日向子河本結原英莉花たちはいずれもツアーVを経験しているが、三ケ島は勝てそうで勝てず、今大会はアマチュアに逆転負けを喫した。

 それで思い出すのは2016年の日本女子オープンでアマチュアだった畑岡奈紗(20)に惜敗した堀琴音(23)だ。同年の堀の獲得賞金は自身最高の7052万6006円(11位)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る