大型新人だった柏原明日架 初Vまで6年も要したのはナゼ?

公開日: 更新日:

【ミヤギテレビ杯 ダンロップ女子】最終日

 プロ6年目の柏原明日架(23)が逆転でツアー初優勝を遂げた。

「ちょっと時間がかかったけど、今まで生きてきた中で最高の瞬間です。早く2勝目を挙げたい」(柏原)

 アマチュア時代から女子ツアーに出場し、2014年は「アクサレディス」4位、「ほけんの窓口レディース」6位と活躍し、その年のプロテストに合格。いつ勝ってもおかしくない逸材と注目され、ルーキーイヤーから5年連続で賞金シードをキープしながら初優勝まで6年もかかった。次から次へと初優勝プロが出現する2、3年目の黄金世代に比べると遅い。

「ツアー出場権を得ると毎週のように試合があって、ギャラリーが多く賞金ももらえる。見るもの聞くものすべてが新鮮ですからツアー転戦が楽しくてしょうがない。黄金世代は互いに刺激し合って“私にもできる”という勢いに乗って、怖いもの知らずの攻めの姿勢を貫いている。ところが、勝てずに4、5年も過ぎてツアーに慣れてくると、何が何でも勝ちたいという気持ちより、前年スタッツより数字を改善しようという意識のほうが高くなる。勝利に対する貪欲さが薄れるケースがあるようです」(ツアー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る