大型新人だった柏原明日架 初Vまで6年も要したのはナゼ?

公開日: 更新日:

【ミヤギテレビ杯 ダンロップ女子】最終日

 プロ6年目の柏原明日架(23)が逆転でツアー初優勝を遂げた。

「ちょっと時間がかかったけど、今まで生きてきた中で最高の瞬間です。早く2勝目を挙げたい」(柏原)

 アマチュア時代から女子ツアーに出場し、2014年は「アクサレディス」4位、「ほけんの窓口レディース」6位と活躍し、その年のプロテストに合格。いつ勝ってもおかしくない逸材と注目され、ルーキーイヤーから5年連続で賞金シードをキープしながら初優勝まで6年もかかった。次から次へと初優勝プロが出現する2、3年目の黄金世代に比べると遅い。

「ツアー出場権を得ると毎週のように試合があって、ギャラリーが多く賞金ももらえる。見るもの聞くものすべてが新鮮ですからツアー転戦が楽しくてしょうがない。黄金世代は互いに刺激し合って“私にもできる”という勢いに乗って、怖いもの知らずの攻めの姿勢を貫いている。ところが、勝てずに4、5年も過ぎてツアーに慣れてくると、何が何でも勝ちたいという気持ちより、前年スタッツより数字を改善しようという意識のほうが高くなる。勝利に対する貪欲さが薄れるケースがあるようです」(ツアー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  6. 6

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  7. 7

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  8. 8

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  9. 9

    難病の息子を生んだ母親に…ウーバー運転手の思いやりに涙

  10. 10

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る