初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

公開日: 更新日:

【デサントレディース東海クラシック】

 10月から消費税が10%にアップし、小遣い事情がさらに厳しくなるサラリーマンには何ともうらやましい話だ。

 今大会は生涯獲得1億円に到達しそうな20代プロが5人もいる。

 三ケ島かな(23)は予選を通過すればクリア。

 辻梨恵(25)は単独6位以上、原英莉花(20)は単独2位以上。そして渋野日向子(20)と武尾咲希(24)は優勝が条件になる。

 注目を集める黄金世代では小祝さくら(21)が1億3318万円、勝みなみ(21)が1億2261万円、畑岡奈紗(20)が1億2052万円(国内のみ)とすでに3人が1億円プレーヤーに到達している。

 渋野の場合は全英女子オープン優勝賞金約7200万円が含まれておらず、実質1億円は突破している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る