初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

公開日: 更新日:

【デサントレディース東海クラシック】

 10月から消費税が10%にアップし、小遣い事情がさらに厳しくなるサラリーマンには何ともうらやましい話だ。

 今大会は生涯獲得1億円に到達しそうな20代プロが5人もいる。

 三ケ島かな(23)は予選を通過すればクリア。

 辻梨恵(25)は単独6位以上、原英莉花(20)は単独2位以上。そして渋野日向子(20)と武尾咲希(24)は優勝が条件になる。

 注目を集める黄金世代では小祝さくら(21)が1億3318万円、勝みなみ(21)が1億2261万円、畑岡奈紗(20)が1億2052万円(国内のみ)とすでに3人が1億円プレーヤーに到達している。

 渋野の場合は全英女子オープン優勝賞金約7200万円が含まれておらず、実質1億円は突破している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  6. 6

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  7. 7

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  8. 8

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  9. 9

    難病の息子を生んだ母親に…ウーバー運転手の思いやりに涙

  10. 10

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る