ソフトに屈辱4連敗で巨人に“嵐のオフ” バレンティン争奪へ

公開日: 更新日:

 巨人が屈辱の4連敗を食らった。

 23日、東京ドームで行われた日本シリーズ第4戦で巨人がパ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がったソフトバンクに3―4。2012年以来7年ぶりの日本一を狙ったが届かなかった。1勝もできなかったのは、05年の阪神以来。日本シリーズの長い歴史上、過去に5度しかない「スイープ」を食らった原辰徳監督(61)は「ソフトバンクの勢いを止められなかった。かなり高い壁だった。来年はどんなチームで戦うか分からないが、宿題、課題を残した状態で来季につなげる」と悔しさをにじませた。

■山口オーナー猛ゲキ

 今季は5年ぶりにリーグ優勝を奪回したものの、巨人の場合、日本一にならないと「優勝」とは言わない不文律がある。ソフトバンクに手も足も出なかった事実は重い。4連敗を東京ドームで見届けた山口寿一オーナー(62)は「日本シリーズで一つも勝てないで敗退した。球団としては、これでいいというわけにはいかないと思っている。ホークスと比べて、総合力で足りてないことがはっきりした。来年に向けて、明日から球団として取り組むべきことはいろいろある。リーグ優勝はできたが、日本一には全く手が届かなかった。これは相当、気持ちを入れ直してやっていかないといけない」と強い危機感を口にした。これにより、総額40億円とされる昨オフ同様、このオフも大補強を敢行することが確実となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  7. 7

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  8. 8

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  9. 9

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  10. 10

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る