ソフトに屈辱4連敗で巨人に“嵐のオフ” バレンティン争奪へ

公開日: 更新日:

 巨人が屈辱の4連敗を食らった。

 23日、東京ドームで行われた日本シリーズ第4戦で巨人がパ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がったソフトバンクに3―4。2012年以来7年ぶりの日本一を狙ったが届かなかった。1勝もできなかったのは、05年の阪神以来。日本シリーズの長い歴史上、過去に5度しかない「スイープ」を食らった原辰徳監督(61)は「ソフトバンクの勢いを止められなかった。かなり高い壁だった。来年はどんなチームで戦うか分からないが、宿題、課題を残した状態で来季につなげる」と悔しさをにじませた。

■山口オーナー猛ゲキ

 今季は5年ぶりにリーグ優勝を奪回したものの、巨人の場合、日本一にならないと「優勝」とは言わない不文律がある。ソフトバンクに手も足も出なかった事実は重い。4連敗を東京ドームで見届けた山口寿一オーナー(62)は「日本シリーズで一つも勝てないで敗退した。球団としては、これでいいというわけにはいかないと思っている。ホークスと比べて、総合力で足りてないことがはっきりした。来年に向けて、明日から球団として取り組むべきことはいろいろある。リーグ優勝はできたが、日本一には全く手が届かなかった。これは相当、気持ちを入れ直してやっていかないといけない」と強い危機感を口にした。これにより、総額40億円とされる昨オフ同様、このオフも大補強を敢行することが確実となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る