巨人は助っ人補強に首脳陣投入…中日の南米ルート強奪も

公開日: 更新日:

 日本シリーズでソフトバンクに大惨敗した巨人が、助っ人補強ルートの強化に乗りだす。

 来月、球団がドミニカ共和国で開催するトライアウトに、来季から二軍監督に就任する阿部慎之助(40)、一軍ヘッドに昇格した元木大介コーチ(47)、巡回投手担当に配置転換された水野雄仁コーチ(54)を派遣。これまでは国際部が担当していた助っ人スカウト活動に、現場の「眼力」を加えて、戦力を発掘しようというわけである。

「今季3年目で8勝を挙げた左腕メルセデスもトライアウトを経て獲得した選手ですが、これはもともと(中日の)森繁和前監督が落合政権での投手コーチ時代に始めたこと。ドミニカ球界の顔役の一人であるドミンゴ・マルティネス(元西武など)の協力を得て、有望選手を集めてテストをやった。2011年に開幕投手を務めて10勝を挙げた、マキシモ・ネルソンらがこのテストで発掘されました。阿部らはドミニカでのトライアウト後にプエルトリコのウインターリーグも視察するそうですが、プエルトリコやベネズエラも森さんが選手供給ルートの道筋をつけ始めていたところだっただけに、うちのフロントは気が気じゃありません」(中日関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る