セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(61)が13日に行われた阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦を制し、10度宙を舞った。

 同点で迎えた六回2死三塁から丸が三塁前へ決勝のセーフティースクイズを決めた。阪神だけでなく、味方の原監督まで「びっくりした」と意表を突かれたほど。広島からFAで今季加入したが、こんな選手がいれば、原監督はしばらく左うちわだ。

■CSで改めてダメ虎露呈

 今季、巨人を最もアシストしたのが、この阪神である。対戦成績は10勝15敗、CSでもアドバンテージを含め、1勝4敗だった。在阪の球界関係者がこう言う。

「シーズン最終盤に阪神は1敗すればBクラスが確定する中、5―0で3連勝を決めた巨人戦で勢いに乗った。でも巨人にとっては消化試合。今思えばやけにあっさりしていたなと。まさか巨人がCSのために……なんて声も上がったほどです。最終戦の相手、中日は3回3分の1を無失点に抑えれば最優秀防御率のタイトルを逆転で獲得できる先発の大野雄を、タイトル確保と同時に、降板させた。直後に阪神が先制。ネット上では『竜虎同盟』なる言葉がトレンドワードになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る