セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

公開日: 更新日:

 巨人の原辰徳監督(61)が13日に行われた阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦を制し、10度宙を舞った。

 同点で迎えた六回2死三塁から丸が三塁前へ決勝のセーフティースクイズを決めた。阪神だけでなく、味方の原監督まで「びっくりした」と意表を突かれたほど。広島からFAで今季加入したが、こんな選手がいれば、原監督はしばらく左うちわだ。

■CSで改めてダメ虎露呈

 今季、巨人を最もアシストしたのが、この阪神である。対戦成績は10勝15敗、CSでもアドバンテージを含め、1勝4敗だった。在阪の球界関係者がこう言う。

「シーズン最終盤に阪神は1敗すればBクラスが確定する中、5―0で3連勝を決めた巨人戦で勢いに乗った。でも巨人にとっては消化試合。今思えばやけにあっさりしていたなと。まさか巨人がCSのために……なんて声も上がったほどです。最終戦の相手、中日は3回3分の1を無失点に抑えれば最優秀防御率のタイトルを逆転で獲得できる先発の大野雄を、タイトル確保と同時に、降板させた。直後に阪神が先制。ネット上では『竜虎同盟』なる言葉がトレンドワードになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る