井上尚弥 WBSS制覇で得た世界一稼ぐ軽量級ボクサーへの道

公開日: 更新日:

 “モンスター”が旧世代の英雄を打ち破った。

 7日に行われた各団体の世界王者らで争うトーナメント、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)のバンタム級決勝戦。リングに上がったのは新世代を代表するハードパンチャー、WBA王者の井上尚弥(26)と、かつて一世を風靡した世界5階級制覇のノニト・ドネア(36)だ。

 下馬評では井上圧勝の声が大半だったが、2Rにドネアの代名詞である左フックを食らい、右まぶたをカット。8Rに再び傷口が開き、顔面血だらけになった。それでも11Rに左ボディー一発でダウンを奪うと形勢逆転。プロ2度目となる12Rを戦い、3―0で判定勝利を収めた。

 井上のキャリアでここまで追い詰められた試合は初めてだが、苦戦に見合ったものは得られそうだ。

 モンスターの愛称で世界中のボクシングに名前を売った井上には、すでに米大手プロモーターのトップランク社が接触している。同社CEOで敏腕プロモーターとしても知られるボム・アラム氏は、契約について「ドネア戦後に交渉したい」と話していた。契約が締結されれば、市場は世界に広がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る