井上尚弥 WBSS制覇で得た世界一稼ぐ軽量級ボクサーへの道

公開日: 更新日:

 “モンスター”が旧世代の英雄を打ち破った。

 7日に行われた各団体の世界王者らで争うトーナメント、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)のバンタム級決勝戦。リングに上がったのは新世代を代表するハードパンチャー、WBA王者の井上尚弥(26)と、かつて一世を風靡した世界5階級制覇のノニト・ドネア(36)だ。

 下馬評では井上圧勝の声が大半だったが、2Rにドネアの代名詞である左フックを食らい、右まぶたをカット。8Rに再び傷口が開き、顔面血だらけになった。それでも11Rに左ボディー一発でダウンを奪うと形勢逆転。プロ2度目となる12Rを戦い、3―0で判定勝利を収めた。

 井上のキャリアでここまで追い詰められた試合は初めてだが、苦戦に見合ったものは得られそうだ。

 モンスターの愛称で世界中のボクシングに名前を売った井上には、すでに米大手プロモーターのトップランク社が接触している。同社CEOで敏腕プロモーターとしても知られるボム・アラム氏は、契約について「ドネア戦後に交渉したい」と話していた。契約が締結されれば、市場は世界に広がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る