八村塁が初の無得点…“身内ライバル”台頭でスタメン降格も

公開日: 更新日:

 ワシントン・ウィザーズの八村塁(21)の勢いが止まった。

 6日(日本時間7日)のインディアナ・ペイサーズ戦は20分間の出場で8リバウンド、1アシスト。5本のシュートを放ちながら、ネットを揺らすことなく、開幕戦から7戦目で初のノーゴールに終わった。

 第3クオーター途中でベンチに下げられた八村は「僕が出ている時に流れが悪くなった。(終盤で起用されなかったのは)コーチの判断だと思う」と、納得した表情で話したが、スタメンの座は危うくなってきた。

 ここまで八村はフィールドゴール(FG)成功率44・8%、3P成功率25%。相手ディフェンダーにシュートを阻まれるなど、NBAの壁にぶち当たっている間に、「セカンドチーム」といわれる控え選手が調子を上げてきたからだ。

 レイカーズから移籍した身長211センチのワグナー(22)は積極的にシュートを放ち、FG成功率は八村を上回る59・2%。スパーズから移籍のベルターンス(26)は得意の3Pの精度を上げており(成功率50%)、1試合平均13・1得点。いずれも八村とポジションがかぶり、NBAでの経験の差もあって、チャンスの場面ではルーキーよりもパスを受ける機会が増えてきている(成績は6日終了時)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る