副収入11億円の八村塁 NBAで上位の稼ぎっぷりも“青天井”

公開日: 更新日:

 開幕からスタメン出場を続けるワシントン・ウィザーズの八村塁(21)。ここに来て、本業以外の収入が明らかになった。

 米経済誌フォーブス(電子版)が5日に報じたところによれば、八村の今季の年俸は約4億5000万円。ウィザーズ入団後は食品メーカーや通信会社など、複数の企業とスポンサー契約を交わしており、記事によれば、少なく見積もっても、年俸以外の収入は約11億円。

 今季の新人ではニューオーリンズ・ペリカンズに全体1位指名されたザイオン・ウィリアムソン(19=年俸約10億7000万円)に次ぐ稼ぎ頭で、副収入の額はNBA全体でも上位12人以内に入るとみられている。

 八村はここまで6試合に出場して平均14・7得点をマーク。4日のデトロイト・ピストンズ戦では、空中でキャッチして叩き込むアリウープを初めて決めるなど、まずまずのスタートを切った。

 今季の活躍次第では、新たなスポンサー企業が現れる可能性もあり、八村の稼ぎはさらに増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る