左胸肉離れで全治6週間…貴景勝に稀勢の里の“二の舞”不安

公開日: 更新日:

 力士生命を左右するケガになるかもしれない。

 御嶽海の2度目の優勝で幕を閉じた大相撲9月場所。その御嶽海と優勝決定戦を行った貴景勝(23)の負傷が23日、明らかになった。

 千賀ノ浦親方によれば「左大胸筋の肉離れ」で全治6週間。親方は「完全な(筋肉)断裂でなかったのはよかった」と話したものの、稀勢の里(現荒磯親方)と同じ箇所というのが気がかりだ。

 稀勢の里は2017年3月場所で左大胸筋断裂の大ケガ。この負傷で得意の左おっつけが使えなくなり、今年1月場所中の引退につながった。貴景勝は突き押しを武器にする力士。相手を「押す」際に胸にかかる負荷は、まわしを「引く」四つ相撲のそれ以上だ。

 ある親方は「問題はケガの程度より、その原因です」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  8. 8

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    <2>住民投票の新名称で市民が初めて知った「大阪市廃止」

もっと見る