左胸肉離れで全治6週間…貴景勝に稀勢の里の“二の舞”不安

公開日: 更新日:

 力士生命を左右するケガになるかもしれない。

 御嶽海の2度目の優勝で幕を閉じた大相撲9月場所。その御嶽海と優勝決定戦を行った貴景勝(23)の負傷が23日、明らかになった。

 千賀ノ浦親方によれば「左大胸筋の肉離れ」で全治6週間。親方は「完全な(筋肉)断裂でなかったのはよかった」と話したものの、稀勢の里(現荒磯親方)と同じ箇所というのが気がかりだ。

 稀勢の里は2017年3月場所で左大胸筋断裂の大ケガ。この負傷で得意の左おっつけが使えなくなり、今年1月場所中の引退につながった。貴景勝は突き押しを武器にする力士。相手を「押す」際に胸にかかる負荷は、まわしを「引く」四つ相撲のそれ以上だ。

 ある親方は「問題はケガの程度より、その原因です」と、こう話す。

「おそらく、貴景勝の体が自身の力に耐えられなかったのではないか。瞬発力に優れた力士が瞬間的に120%の力を出し、負傷した例は過去にもある。稀勢の里が筋肉断裂の大ケガを負ったのも、自身の左おっつけのパワーが原因といわれている。貴景勝の場合は、立ち合いで渾身の押しに御嶽海の出足鋭い当たりがぶつかったことで、想像以上の負荷がかかったのではないか。力の出し過ぎでケガをしたとなると、今後、無意識に力をセーブしかねない恐れもある。ケガが癒えた後も稀勢の里が左おっつけを使えなかったのは、『またケガをしたら……』という恐怖心があったからだろう」

 手術はしないという貴景勝は秋巡業の欠場が確実。11月場所も絶望的だ。大関復帰と引き換えに、厄介なものを背負いこんでしまった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う