6球団争奪のFA福田 レギュラー定着で“相思相愛”の球団は?

公開日: 更新日:

 さっそくモテっぷりを発揮している。

 今オフ、国内FA権を行使したソフトバンクの福田秀平(30)。交渉解禁日の3日に西武から即日アタックされると、同じ日に中日とも交渉の場を設けた。

 今季年俸3600万円のスーパーサブに、ソフトバンクは4年5億円の大型契約を提示したともいわれるが、福田の決め手は金ではなく出場機会。ここまでプロ通算13年でレギュラーに定着した経験はなく、規定打席に到達したシーズンは一度もない。

 ちなみに、今季は80試合で打率・259、9本塁打、26打点、9盗塁だった。三顧の礼で迎えられ、FA選手としてレギュラーの座を約束された場合、どれくらい活躍できるのか。

 評論家の山崎裕之氏はこう見る。

「レギュラーとして出場した場合、打率2割6分から2割7分、本塁打20本くらいは期待できるでしょう。俊足も大きな武器になる。盗塁自体はそこまで増えなくても、左打者であることを生かして内野安打で塁に出てチャンスをつくるなど、可能性は広がる。CSや日本シリーズで見せたバッティングの意外性や勝負強さから、走攻守における活躍がマグレでないことは確か。これまでは本領発揮できずにいたかもしれないが、レギュラーになれば、まとまった成績を残せる選手になると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  9. 9

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る