鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

公開日: 更新日:

 セ・リーグのある編成担当者に言わせると、今年のFA市場は「不作を通り越して凶作」だそうだ。

 移籍を視野にFA権を行使したのは4人。メジャー移籍を目指して海外FA権を行使した西武秋山翔吾外野手(31=年俸2億3490万円)はともかく、国内球団への移籍が濃厚なロッテ鈴木大地内野手(30=同1億円)、楽天美馬学投手(33=同6500万円)、ソフトバンク福田秀平外野手(30=同3600万円)に関してだ。

 広島から巨人に移籍した丸、西武から楽天の浅村、オリックスから阪神の西ら、各球団のエースや中軸打者がいた昨オフと比べると、かなり小粒なのは間違いない。

「鈴木は内外野を守れるオールラウンドプレーヤーだけど、過去8年間で一度も3割を打った経験がない。といってパワーがあるわけでもない。今年、自己最多の15本塁打をマークしたのも、本拠地に設置したラッキーゾーンのおかげですよ。美馬は過去9年間で2ケタ勝利を挙げたのが2017年の一度だけ(11勝8敗)。右肘に5回もメスを入れているし、33歳という年齢もネックになる。福田は走攻守と三拍子そろった選手ですが、レギュラーを張った経験が一度もない。ソフトバンクの層の厚さを考慮しても、粒は小さいですね」とは前出の編成担当者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る