鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

公開日: 更新日:

 セ・リーグのある編成担当者に言わせると、今年のFA市場は「不作を通り越して凶作」だそうだ。

 移籍を視野にFA権を行使したのは4人。メジャー移籍を目指して海外FA権を行使した西武の秋山翔吾外野手(31=年俸2億3490万円)はともかく、国内球団への移籍が濃厚なロッテの鈴木大地内野手(30=同1億円)、楽天の美馬学投手(33=同6500万円)、ソフトバンクの福田秀平外野手(30=同3600万円)に関してだ。

 広島から巨人に移籍した丸、西武から楽天の浅村、オリックスから阪神の西ら、各球団のエースや中軸打者がいた昨オフと比べると、かなり小粒なのは間違いない。

「鈴木は内外野を守れるオールラウンドプレーヤーだけど、過去8年間で一度も3割を打った経験がない。といってパワーがあるわけでもない。今年、自己最多の15本塁打をマークしたのも、本拠地に設置したラッキーゾーンのおかげですよ。美馬は過去9年間で2ケタ勝利を挙げたのが2017年の一度だけ(11勝8敗)。右肘に5回もメスを入れているし、33歳という年齢もネックになる。福田は走攻守と三拍子そろった選手ですが、レギュラーを張った経験が一度もない。ソフトバンクの層の厚さを考慮しても、粒は小さいですね」とは前出の編成担当者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  8. 8

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る