御嶽海の大関昇進に黄信号…流血のケガで武器が使えない

公開日: 更新日:

 3日目の明生戦で右目上がぱっくり割けながら、流血をものともせずに勝利した御嶽海(26)。13日は6針縫った傷口に絆創膏を張って出場したものの、精彩を欠いた。

 相手は2日目に横綱白鵬を破った大栄翔。この日はもろ手突きから回転の速い突っ張りで攻めたが、まわしを許し、抵抗むなしく寄り切られた。

「うまく(ふところに)入られた」

 と敗因を語った御嶽海の武器は、低い位置から頭でぶつかる立ち合い。ガツンとぶつかってからの押し相撲は、貴景勝も苦手にしているほどだ。

 この日はケガの影響もあって頭からの突進を避けたのだろう。すでに2敗である。

 大関の地位を狙う御嶽海はここ2場所で21勝9敗。大関の昇進基準は「三役で3場所33勝以上」なので、単純計算だと今場所12勝以上が必要になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る