全治8週間の大ケガで休場も 豪栄道が「引退できない」理由

公開日: 更新日:

 悲壮感が漂ってきた。

 11日の2日目から休場した大関豪栄道(33)。初日、八角理事長(元横綱北勝海)が協会あいさつで横綱鶴竜休場を謝罪した直後の遠藤戦で足首をひねり、左足首関節の靱帯損傷などで全治8週間の大ケガを負った。

 この日、病院で診察を受けた豪栄道は「ファンの皆さんに申し訳ない」と、言葉少な。師匠の境川親方(元小結両国)は「本当に残念。(転び方を見て)まずいと思った」と話し、場所中の復帰がないことを明らかにした。

 今場所が大関在位32場所目だが、優勝は2016年9月場所の一度のみ。カド番は来場所で歴代3位の9回と、むしろ不甲斐なさが目立っている。そもそも大関昇進後は2ケタ勝利が7回しかない。

 全治8週間という期間は、あくまでケガが癒える時間。そこからリハビリを行い、稽古で鍛え直す必要がある。1月場所に間に合わない可能性もあり、角界では「このまま引退ではないか」という声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る