全治8週間の大ケガで休場も 豪栄道が「引退できない」理由

公開日: 更新日:

 悲壮感が漂ってきた。

 11日の2日目から休場した大関豪栄道(33)。初日、八角理事長(元横綱北勝海)が協会あいさつで横綱鶴竜休場を謝罪した直後の遠藤戦で足首をひねり、左足首関節の靱帯損傷などで全治8週間の大ケガを負った。

 この日、病院で診察を受けた豪栄道は「ファンの皆さんに申し訳ない」と、言葉少な。師匠の境川親方(元小結両国)は「本当に残念。(転び方を見て)まずいと思った」と話し、場所中の復帰がないことを明らかにした。

 今場所が大関在位32場所目だが、優勝は2016年9月場所の一度のみ。カド番は来場所で歴代3位の9回と、むしろ不甲斐なさが目立っている。そもそも大関昇進後は2ケタ勝利が7回しかない。

 全治8週間という期間は、あくまでケガが癒える時間。そこからリハビリを行い、稽古で鍛え直す必要がある。1月場所に間に合わない可能性もあり、角界では「このまま引退ではないか」という声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る