バレンティンを本格調査 金満ソフトBならではの“真の狙い”

公開日: 更新日:

「どこへ行っても、すべてのファンを愛している」

 22日にツイッターで意味深なセリフをつぶやいたヤクルトのバレンティン(35)。そんなツバメの主砲の獲得を狙っているのがソフトバンクだ。

 かねて調査をしていると報じられており、22日には複数スポーツ紙が改めて獲得に前向きであるという記事を掲載した。

 とはいえ、ソフトバンクにはキューバの主砲デスパイネ(33)がいる。本当にバレンティンは必要なのか。

 ある球団OBが言う。

「デスパイネは故障が多いのがネック。さらに今季で3年契約が満了し、退団の可能性もゼロではない。球団側は残留を要請しているものの、キューバ政府派遣の選手ですからね。政府や現地の野球連盟からなる委員会の許可がなければ、再契約はできない。その答えが出るのは、おそらく12月中旬。その時期になって初めてデスパイネが退団となっても、補強に動くには遅すぎる。バレンティン、デスパイネと大砲がダブつく可能性はあるものの、ゼロよりはマシということです」

 カネのある球団だからこそできる、両取り策というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

もっと見る