バレンティンを本格調査 金満ソフトBならではの“真の狙い”

公開日: 更新日:

「どこへ行っても、すべてのファンを愛している」

 22日にツイッターで意味深なセリフをつぶやいたヤクルトのバレンティン(35)。そんなツバメの主砲の獲得を狙っているのがソフトバンクだ。

 かねて調査をしていると報じられており、22日には複数スポーツ紙が改めて獲得に前向きであるという記事を掲載した。

 とはいえ、ソフトバンクにはキューバの主砲デスパイネ(33)がいる。本当にバレンティンは必要なのか。

 ある球団OBが言う。

「デスパイネは故障が多いのがネック。さらに今季で3年契約が満了し、退団の可能性もゼロではない。球団側は残留を要請しているものの、キューバ政府派遣の選手ですからね。政府や現地の野球連盟からなる委員会の許可がなければ、再契約はできない。その答えが出るのは、おそらく12月中旬。その時期になって初めてデスパイネが退団となっても、補強に動くには遅すぎる。バレンティン、デスパイネと大砲がダブつく可能性はあるものの、ゼロよりはマシということです」

 カネのある球団だからこそできる、両取り策というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る