漫画「あぶさん」実在モデル 元日本ハム永渕洋三さんは今

公開日: 更新日:

 スポーツ漫画として長期連載の日本記録を持つ水島新司作の「あぶさん」(ビッグコミックオリジナル)。1973年から976回も続き、2014年に最終回を迎えたが、その実在モデルの一人として話題になった元プロ野球選手がいた。近鉄、日本ハムで活躍した永渕洋三さん(75)だ。さて、今、どうしているか?

■夫婦で居酒屋を始めて39年

「いらっしゃい。カウンターへどうぞ」

 JR佐賀駅から南へバスで4分。明治時代の建物が並ぶ旧市街にある居酒屋「あぶさん」へ行くと、永渕さんがカウンター越しに声をかけてくれた。白髪交じりの丸刈り頭に銀縁メガネ、紺色の作務衣姿がサマになっている。

「オープンしたのが80年12月だから、早いもので足掛け39年。女房と2人、のんびりやってますよ。店名は漫画からいただきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る