権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

清原和博の表情は「微力ながら応援したい」と思わせた

公開日: 更新日:

 今週の日曜日、清原和博(52)に会った。

 大魔神こと佐々木主浩(51)や立浪和義(50)ら、球界OBが集まって行われた沖縄でのイベント。「ドリームマッチ」と称した試合の監督を仰せつかり、清原と同じベンチに入ったのだ。

 試合前、私は「きょうだけはオレを『監督』と呼べ」と冗談めかして言った。当時を知っている何人かがニヤリとしていたのには理由がある。

 ベイスターズでの監督時代、就任してすぐに、「オレを監督と呼ぶな。呼んだら罰金」と選手に伝えた。半分はシャレだったが、監督でございとふんぞり返ったって、寿命はだいたい2、3年。辞めたら、選手には名前で呼ばれることになる。だったら、最初から「権藤さん」でいいじゃないか。そうすることで監督と選手の垣根を取っ払いたかったのだ。

 それを逆手にとって、「監督と呼べ」とやったあと、先発のメンバーを読み上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る