権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

清原和博の表情は「微力ながら応援したい」と思わせた

公開日: 更新日:

 今週の日曜日、清原和博(52)に会った。

 大魔神こと佐々木主浩(51)や立浪和義(50)ら、球界OBが集まって行われた沖縄でのイベント。「ドリームマッチ」と称した試合の監督を仰せつかり、清原と同じベンチに入ったのだ。

 試合前、私は「きょうだけはオレを『監督』と呼べ」と冗談めかして言った。当時を知っている何人かがニヤリとしていたのには理由がある。

 ベイスターズでの監督時代、就任してすぐに、「オレを監督と呼ぶな。呼んだら罰金」と選手に伝えた。半分はシャレだったが、監督でございとふんぞり返ったって、寿命はだいたい2、3年。辞めたら、選手には名前で呼ばれることになる。だったら、最初から「権藤さん」でいいじゃないか。そうすることで監督と選手の垣根を取っ払いたかったのだ。

 それを逆手にとって、「監督と呼べ」とやったあと、先発のメンバーを読み上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    窮屈で笑えない社会から逃げずウーマン村本はネタにする

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る