あるぞ日本選手最高 セMVP巨人坂本「年俸7億円」に現実味

公開日: 更新日:

 今季のタイトル獲得者らを表彰する「NPB AWARDS」が26日、都内で開かれ、巨人の坂本勇人内野手(30)がセ・リーグ最優秀選手に選ばれた。

 13年目の今季は開幕から36試合連続試合出塁でリーグ新記録を樹立。主将としてチームを引っ張り、全試合に出場。打率・312、94打点、キャリアハイとなる40本塁打をマークした。負担の大きい遊撃手としてベストナインにも選ばれ、5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 気になるのは来季の年俸である。・345の高打率をマークした昨季の契約更改では、1億5000万円アップの5億円。再び1億5000万円増なら6億5000万円となり、今季の菅野の日本球界日本人歴代最高年俸に並ぶ。攻防ラインはこの辺りか。

 とあるチーム関係者がこう言う。

「球団がこの前、山口俊にポスティング移籍を認めたでしょう。FA入団の際のサイドレターだったとはいえ、1回認めたからには、メジャー志向があるエース菅野を筆頭に、今後は中堅クラスでさえ直訴してくる選手がいないとも限らない。球団には勇人を『残留』のモデルケースにしたい思惑がある。だから6・5億円どころじゃない。2億円アップで球界最高額の年俸7億円も十分あり得るということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る