高安ら9力士が冬巡業休場 ケガ人続出は「負ける稽古」不足

公開日: 更新日:

 右を見てもケガ人、左を見てもケガ人。まるで病院の待合室である。

 27日、相撲協会は豪栄道や高安ら9力士が、12月1日から始まる冬巡業を休場することを発表した。9人はいずれも11月場所を負傷休場した力士。巡業に出場できないのも無理はないだろう。

 昨今、巡業の多さが力士の負傷につながっているという意見が少なくない。巡業が最も多かったのは、若貴ブームに沸いた1992年の年間93日。今年は79日で、昨年は最盛期に匹敵する91日だった。

 巡業を減らせばケガ人も減るかといえば、そんな単純な話でもない。当時と現在では、力士の平均体重が違う。9月場所前に計測した最新のデータでは、幕内力士の平均体重は162・6キロ。90年代前半は150キロ前後だった。

 重くなればなるほど体への負担は増える。確かに巡業を減らせば、体力的な問題は改善されるだろう。その一方で、大型化による突発的な負傷のリスクは変わらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る