朝乃山“必殺の右四つ”で年間最多勝 大関昇進への死角は?

公開日: 更新日:

 角界で「最も大関に近い男」と呼ばれている。

 24日、横綱白鵬の優勝で幕を閉じた大相撲11月場所。今場所、目覚ましい活躍をしたのが朝乃山(25)だ。

 千秋楽のこの日は正代に敗れたものの、11勝4敗。今年は6場所で55勝35敗。自身初となる年間最多勝を手にし、技能賞も受賞した。

「評価してもらってうれしい。(2ケタ勝利は)次への自信になる」

 と話した朝乃山。大関も狙えるというインタビュアーの“誘導尋問”には、苦笑いしながら「はい、頑張ります」と答えた。

 大関の昇進基準は直前の三役で3場所33勝以上。先場所も10勝だが、当時は平幕。来場所、星数をクリアした上で優勝すればともかく、今場所が大関とりの起点になるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る