NBA強豪にゴール量産も 八村塁を待ち受ける新人潰しの洗礼

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAの日本人ルーキーが強豪相手に存在感をアピールした。

 ワシントン・ウィザーズの八村塁(21)が1日(日本時間2日)のロサンゼルス(LA)・クリッパーズ戦で、昨季のNBAファイナルMVPのカワイ・レナード(28=前ラプターズ)らを前に自己最多の30得点、29日(同30日)のLA・レイカーズ戦では、キングの異名を持つ現役最高プレーヤーであるレブロン・ジェームズ(34)とのマッチアップを制する場面もあり、16得点、8リバウンドをマーク。レイカーズ戦ではエンゼルスの大谷翔平(25)、この日は女子プロテニス大坂なおみ(22)と、日本のトップアスリート2人が観戦する中、今季のウエスタンカンファレンス(西地区)の優勝候補2チームを相手に結果を残した。

 NBAを代表するスター選手に真っ向勝負を挑み、ゴールを量産した八村だが、今後はNBAの更なる洗礼を浴びそうだ。開幕から間もなく2カ月を迎えるだけに、各チームとも対戦相手の戦術分析は進んでおり、八村へのマークが一層、厳しくなるからだ。NBAの新人潰しにも要注意だ。試合展開にもよるが、八村対策のため防御にたけた選手をマークに付けて、ルーキーの動きを封じ込めることもある。

 まずは順調なスタートを切った八村だが、ここからが正念場である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る