平井隆司
著者のコラム一覧
平井隆司デイリースポーツ元記者

1942年、大阪府出身。旅行会社に就職するも4年で退社、デイリースポーツへ。阪神の担当記者として数々の事件や騒動を取材。デイリースポーツ編集局長やサンテレビ常務など、神戸新聞グループの主要ポストを歴任した。著書に「猛虎襲来」「阪神タイガース『黒歴史』」。

命を張った正力と「巨人さまさま」あぐらをかいた電鉄会社

公開日: 更新日:
1959(昭和34)年6月25日、後楽園球場で行われた阪神との天覧試合で本塁打を打った長嶋(右は川上コーチ)/(C)共同通信社

 阪神電鉄社長の久万俊二郎は講演で「赤字」「赤字」と負を強調したが、思うに昔のタイガースは観客動員のために積極的なプランを展開したのか。何か手を打たなければという発想すらなかったのではないか。

 今でこそ100人を超える職員がいるが、当時は20人もい…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  9. 9

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る