釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

急造の森保J 代表初ゴールの鈴木に大迫の代役は務まらない

公開日: 更新日:

 東アジアE―1選手権が、韓国・釜山で開幕したね。森保ジャパンは初戦、中国と対戦して2―1で勝利した。今季のJリーグが閉幕したばかりだし、22歳以下の東京五輪世代も多く、初招集選手も少なくない。守備陣は不慣れな3DFで戦った……など総合的に考えると<逃げ切った>ことを褒めてあげたい。

 急造チームなので連係面をとやかく言っても始まらない。だからといって個々の選手が、自分のやりたいようにプレーしていては、勝てる試合も勝てなくなってしまう。

 試合を通して感じたのは、井手口と橋本のボランチが、攻守にハードワークしてくれたこと。なかなか上手にゲームをコントロールしていた。あとDFラインの中心を担った三浦。彼もきちんと評価しないといけない。

 他守備陣を統率しながら前に、前に、という意識が伝わってきた。受け身ではなく、積極的な守備が1失点に封じ込んだと言っていいんじゃないかな。三浦はCKからのボールをヘディングでゴールしているし、攻守に大きくアピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る