元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

19年のプロ生活に終止符…闘莉王の最も思い出深い出来事は

公開日: 更新日:

「今はホントにキレイなサッカーばっかり。そういうことを求められる中でも泥臭く、多少技術がなくても一生懸命にやる気持ちを選手たちにはなくしてほしくない」

 19年のプロ生活を過ごし、2010年南アフリカW杯16強戦士の1人であるDF田中マルクス闘莉王(38歳・京都)が1日、現役引退会見に臨んだ。GK楢崎正剛(名古屋スペシャルフェロー)、DF中澤佑二(解説者)の両盟友に見送られる中、彼は厳しい口調で後輩たちへのメッセージを残した。

 日系ブラジル三世の闘莉王が初来日したのは98年。千葉・渋谷幕張高にサッカー留学し、才能を認められて01年に広島入りした。そして水戸時代の03年に日本国籍を取得。当時は「君が代の歌が難しい」と苦笑いしていたが、すぐさま04年アテネ五輪代表の主力に君臨。本大会出場に貢献した。

 同年に移籍した浦和では06年Jリーグ制覇、2007年ACL優勝のけん引役に。09年に赴いた名古屋でも「優勝請負人」として10年のJ初制覇の原動力となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る