六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

22節にわたり首位死守も…FC東京はなぜ初優勝を逃したのか

公開日: 更新日:

Jリーグ2019年シーズンを振り返る(2)

 J1リーグの2019年シーズン最終節でリーグ2位のFC東京は、首位の横浜FMに4-0で勝てば逆転でリーグ初制覇となっていた。しかし、結果は0-3で敗れ、悲願は幻と消えた。

 試合後、FC東京の長谷川健太監督は、次のように今シーズンを振り返った。

「1位でいた試合数は1番(多い)。ただ最後に1番にならないと何も得ることはできない。こういうプレッシャーの中で1年戦った。アウェー8連戦もあった中で選手の頑張り、クラブのサポート、サポーターの声援とたくさん応援してもらった。クラブの力は見せることができた。ぜひそれが実を結ぶような来季にしていければと思いました」

 長谷川監督の言うように、FC東京は22節に渡って首位の座を死守した。開幕から12試合無敗(9勝3分け)のクラブ新記録を打ち立て、第9節から第26節まで18節連続して首位に立った。第26節で鹿島に0-2と敗れたことで鹿島に首位を譲り、第8節以来となる2位に後退したが、すぐに首位を奪い返している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る