青森山田に優勝の可能性 埼玉・昌平との“因縁の対決”制す

公開日: 更新日:

 高校サッカー選手権は5日にベスト4が出揃った。準々決勝4試合の中で優勝候補の青森山田と激戦区・埼玉を制した昌平との一戦が<指揮官同士の因縁>もあって大きな注目を集めた。

「昌平を率いる藤島監督(39)は習志野―順大から青森山田中・高の監督やコーチを務め、青森山田の指揮官として輝かしい戦績を誇る黒田監督(49)のもとで働いていた。しかし10年ほど前にたもとを分かち、今では藤島監督が青森のジュニアユースの有望選手を引き抜き、目を付けていた黒田監督が不快感を催すなど関係性がギクシャクしているともっぱらです」(高校サッカー関係者)

 試合は前半に青森山田が3点ゲット。

 後半に昌平が2ゴールを決めて追い立てたが、J1浦和入り内定のMF武田らタレント揃いの青森山田が逃げ切った。

 攻守ともにハイレベルの青森山田が、優勝候補の最右翼と言っていいだろう。

 準決勝2試合は11日に埼玉スタジアムで行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る