山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

虎・梅野の報道に疑問 捕手が全試合出場することの危険性

公開日: 更新日:

 阪神の正捕手といえば梅野隆太郎、そうすっかり定着した感がある。

 なにしろ、プロ6年目の昨季は2年連続でゴールデングラブ賞に輝き、2度目となるオールスターにも出場。4月にはサイクル安打も達成し、シーズン123補殺という日本記録も打ち立てた。これはもうリーグを代表する捕手になったと言ってもいいのではないか。今や虎の選手会長であり、年俸もついに1億円(推定)の大台に到達した。

 阪神では2012年に引退した城島健司を最後に、長らく正捕手不在が叫ばれてきた。その城島の前の正捕手といえば現監督の矢野燿大が長く務めていたが、思えば2人とも他球団からの移籍組で、生え抜きの正捕手となると90年代の山田勝彦や関川浩一、いや80年代の木戸克彦以来なかなか現れなかった。

 だから、生え抜きの梅野がここまでたくましく成長するとは、虎党として感慨深い。今は強肩や捕球技術など守備面の評価が目立っているが、大学時代の梅野はパンチ力のある打撃が売りの攻撃型捕手という評価だったから、今後は打撃面でも飛躍を期待したい。個人的には15本前後の本塁打が見込める長打力の持ち主だと思っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る