山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神ドラ2に最も注目 井上広大に託したい萩原誠のリベンジ

公開日: 更新日:

 阪神の新人選手の中ではドラフト2位の井上広大にもっとも注目している。昨夏の甲子園を制した大阪・履正社高校の4番打者で、典型的な右の長距離砲タイプ。同大会では打率・385、3本塁打、14打点と打ちまくり、決勝戦では星稜高校のエース・奥川恭伸ヤクルトD1位)から大きなホームランを放った。

 しかし、おもしろいのはこの井上がU18日本代表に選ばれず、ドラフト前に報じられていた各球団のスカウト評価も高くなかったことだ。野球大国・大阪で、ここ何年も大阪桐蔭高校と2強を形成している名門・履正社の4番、甲子園優勝チームの4番。ブランディング的にはほぼ完璧な条件が揃っており、本来なら超高校級の大砲と騒がれていてもおかしくないのだが、実際のドラフトでも阪神が2位で一本釣りできてしまった。

 一説には井上は足が遅く外野守備にも不安があり、守備位置も限られてくるという。また、木製バットに苦労するタイプだとか、スイングが外回りするだとか、下半身に安定感がないだとか、プロからは複数の欠点を指摘されているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る