山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神ドラ2に最も注目 井上広大に託したい萩原誠のリベンジ

公開日: 更新日:

 阪神の新人選手の中ではドラフト2位の井上広大にもっとも注目している。昨夏の甲子園を制した大阪・履正社高校の4番打者で、典型的な右の長距離砲タイプ。同大会では打率・385、3本塁打、14打点と打ちまくり、決勝戦では星稜高校のエース・奥川恭伸ヤクルトD1位)から大きなホームランを放った。

 しかし、おもしろいのはこの井上がU18日本代表に選ばれず、ドラフト前に報じられていた各球団のスカウト評価も高くなかったことだ。野球大国・大阪で、ここ何年も大阪桐蔭高校と2強を形成している名門・履正社の4番、甲子園優勝チームの4番。ブランディング的にはほぼ完璧な条件が揃っており、本来なら超高校級の大砲と騒がれていてもおかしくないのだが、実際のドラフトでも阪神が2位で一本釣りできてしまった。

 一説には井上は足が遅く外野守備にも不安があり、守備位置も限られてくるという。また、木製バットに苦労するタイプだとか、スイングが外回りするだとか、下半身に安定感がないだとか、プロからは複数の欠点を指摘されているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る