巨人投手陣が“総先発化” 救援整備より山口俊の穴埋め優先

公開日: 更新日:

 巨人は20日、都内のホテルで全首脳陣、フロントらが集まり、スタッフ会議を行った。

 原監督は昨季チーム防御率リーグ4位(3・77)に終わった投手陣について「貯金11の山口俊が抜けたわけで、そこをどうするか。ズバぬけた人が出てきて欲しい」とハッパをかけた。

 宮本チーフ投手コーチは「監督の意向で先発志願者がいる。リリーフをやっていた選手が先発をやらせてくださいと。先発の志を持った投手はさせてみる。結構やりたいと言ってくるんです」と切り出した。

 今季の先発陣は、菅野、新外国人サンチェス、メルセデス、桜井、今村、宮国、畠、田口、鍬原、高橋、古川、高田、戸郷らが争う。同コーチは「先発の方が熾烈。志願者? 結構いる。10人から12人。山口の穴はサンチェスがいるけど日本での実績はゼロ。コケた時怖いんで、そこだけに頼りたくない。戸郷、桜井、(高橋)優貴、古川、畠、CC(メルセデス)。3人は欲しい。相乗効果で埋められるはず」と希望的観測を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    弁護士・三輪記子さんは“浮気率6割” 独身時5人交際し3人と

  10. 10

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る