巨人投手陣が“総先発化” 救援整備より山口俊の穴埋め優先

公開日: 更新日:

 巨人は20日、都内のホテルで全首脳陣、フロントらが集まり、スタッフ会議を行った。

 原監督は昨季チーム防御率リーグ4位(3・77)に終わった投手陣について「貯金11の山口俊が抜けたわけで、そこをどうするか。ズバぬけた人が出てきて欲しい」とハッパをかけた。

 宮本チーフ投手コーチは「監督の意向で先発志願者がいる。リリーフをやっていた選手が先発をやらせてくださいと。先発の志を持った投手はさせてみる。結構やりたいと言ってくるんです」と切り出した。

 今季の先発陣は、菅野、新外国人サンチェス、メルセデス、桜井、今村、宮国、畠、田口、鍬原、高橋、古川、高田、戸郷らが争う。同コーチは「先発の方が熾烈。志願者? 結構いる。10人から12人。山口の穴はサンチェスがいるけど日本での実績はゼロ。コケた時怖いんで、そこだけに頼りたくない。戸郷、桜井、(高橋)優貴、古川、畠、CC(メルセデス)。3人は欲しい。相乗効果で埋められるはず」と希望的観測を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る