阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

公開日: 更新日:

「火種がくすぶってるな」

 さる阪神OBが苦笑いを浮かべてこう言った。

 就任1年目の矢野監督が率いた今季の阪神は、前年最下位から3位に浮上。今秋ドラフトでは西純矢(創志学園)ら高校生を大量指名した。一定の結果を残したことで、育成を前面に出して中長期的にチームを強化する方針かと思いきや、必ずしも親会社と球団の間で意思統一がなされているわけではないという。冒頭のOBが解説する。

「球団は前任の金本監督時代から継続する生え抜き選手の育成、底上げによってチーム力の強化を図りたい。が、親会社は違う。来季は優勝、日本一と、結果を重視したいと考えている」

 結果を求めるなら、藤川が契約更改後に話していたように、補強は不可欠。しかし、阪神は今オフ、FA選手には目もくれず、新外国人の補強に終始した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る