指揮官も言及 マリナーズ雄星“右打者病”克服が2年目の課題

公開日: 更新日:

 メジャー2年目の飛躍を期待されているのがマリナーズ・菊池雄星(28)だ。

 サービス監督が23日(日本時間24日)に会見し、菊池について「安定感を身につけることがカギ。今年はもっと良くなると確信している」と断言。昨季32試合に登板し、わずか6勝(11敗、防御率5・46)に終わっただけに「高めの直球と右打者に対するスライダーの制球を安定させれば三振(昨季116)も増える」と具体的な課題にも言及した。

 指揮官が指摘した通り、昨季の菊池は特に右打者に対し、被打率は3割4厘、28本塁打と苦手とした(対左打者は同2割6分3厘、8本塁打)。右打者にカモにされたのは、単調な投球に陥るパターンが目立ったからだ。

 菊池は昨季終了後、日々のルーティンをこなすだけで精いっぱいだったと明かし「考える余裕がなかった」と振り返っている。

 現地で菊池を取材する放送関係者によれば、菊池はブルペンで、デービス投手コーチの指示通りに投球練習を繰り返すだけ。高めの直球や変化球の精度を上げるなど、自分なりに課題を持って投げ込むことは、ほとんどなかったという。

 菊池は昨年1月に4年総額約62億円で入団。依然としてエース左腕ゴンザレスに次ぐ先発2番手の位置付けとはいえ、今季も不甲斐ない結果に終われば、不良債権化しかねない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に