指揮官も言及 マリナーズ雄星“右打者病”克服が2年目の課題

公開日: 更新日:

 メジャー2年目の飛躍を期待されているのがマリナーズ・菊池雄星(28)だ。

 サービス監督が23日(日本時間24日)に会見し、菊池について「安定感を身につけることがカギ。今年はもっと良くなると確信している」と断言。昨季32試合に登板し、わずか6勝(11敗、防御率5・46)に終わっただけに「高めの直球と右打者に対するスライダーの制球を安定させれば三振(昨季116)も増える」と具体的な課題にも言及した。

 指揮官が指摘した通り、昨季の菊池は特に右打者に対し、被打率は3割4厘、28本塁打と苦手とした(対左打者は同2割6分3厘、8本塁打)。右打者にカモにされたのは、単調な投球に陥るパターンが目立ったからだ。

 菊池は昨季終了後、日々のルーティンをこなすだけで精いっぱいだったと明かし「考える余裕がなかった」と振り返っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る