シブコ効果狙うも…女子プロ飛躍の裏でスポンサー嘆き節

公開日: 更新日:

 昨年の全英女子オープンで日本人選手42年ぶりのメジャー優勝を遂げた渋野日向子(21)や、美人プロの原英莉花(20)、新垣比菜(21)ら黄金世代の活躍で、3月5日開幕のダイキンオーキッドレディス(沖縄)からスタートする女子ツアー人気は高まる一方だ。

 そして、今シーズンからはプラチナ世代19歳トリオの安田佑香、吉田優利、西村優菜らがプロテストに合格してツアーに加わる。注目度がさらにアップするのは間違いない。

 当然、人気女子プロには1社あたり年間1000万円もの高額金でスポンサーオファーが殺到している。

 渋野が使うピンのドライバーやビームスのウエアが飛ぶように売れており、テレビ中継で契約選手の映像が流れるだけで宣伝効果が高いからだ。

 昔と違って、ゴルフウエアはデザインも色使いもファッショナブルになっており、タウンユースの着こなしができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る