シブコ効果狙うも…女子プロ飛躍の裏でスポンサー嘆き節

公開日: 更新日:

 昨年の全英女子オープンで日本人選手42年ぶりのメジャー優勝を遂げた渋野日向子(21)や、美人プロの原英莉花(20)、新垣比菜(21)ら黄金世代の活躍で、3月5日開幕のダイキンオーキッドレディス(沖縄)からスタートする女子ツアー人気は高まる一方だ。

 そして、今シーズンからはプラチナ世代19歳トリオの安田佑香、吉田優利、西村優菜らがプロテストに合格してツアーに加わる。注目度がさらにアップするのは間違いない。

 当然、人気女子プロには1社あたり年間1000万円もの高額金でスポンサーオファーが殺到している。

 渋野が使うピンのドライバーやビームスのウエアが飛ぶように売れており、テレビ中継で契約選手の映像が流れるだけで宣伝効果が高いからだ。

 昔と違って、ゴルフウエアはデザインも色使いもファッショナブルになっており、タウンユースの着こなしができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

もっと見る