ガッポリ稼いだ渋野税務署長 “今年も1億円”を早くもクリア

公開日: 更新日:

 昨年の全英女子オープンで日本勢42年ぶりの優勝を果たした渋野日向子(21)が24日、地元の岡山市・岡山東税務署で一日税務署長を務め、スマートフォンによる国税電子申告・納税システムをPRした。

 スクリーンに映し出されるマニュアルと税務署員の説明でスマホを操作。「思ったよりも簡単にできた。これならいろんな人にもできるんじゃないかと思いました」と笑顔で納税広報に貢献した。

 プロ合格した2018年のレギュラーツアーでの賞金はゼロ。ところが昨年は全英優勝と国内ツアーの賞金総額が2億2500万円を突破。優勝の副賞でもらった車や、用具やウエア契約をしているスポンサーからのボーナス、さらに年末年始のテレビ出演時のギャラなどを含めれば、人生初の確定申告はさぞたいへんだろう。

「1年目からこんなに稼げるとは思っていなかった。税理士さんと一緒に頑張ってやってます」

 その渋野は2月1日からは所属がサントリーに変わる。こちらの契約金も5年5億円とか、3年3億円とかいわれている。「今年も(ツアーで)1億円は稼ぎたい」と抱負を語ったが、クラブを握らなくてもすでに億万長者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る