渋野がサントリーと大型契約 引き継ぐのは宮里藍の“財産”

公開日: 更新日:

 昨年暮れに一部スポーツ紙がすっぱ抜いた渋野日向子(21)とサントリーとの所属契約が14日、都内で正式発表された。2月1日から5年5億円(推定)の大型契約だ。

 プロゴルファーの契約事情に詳しいゴルフライターの嶋崎平人氏がこう解説する。

「全英女子オープンに渋野が勝ってから、もっと高額金を提示して所属契約をオファーした企業もあったそうです。しかし、サントリーがゴルフ大会を長く開催して、ジュニア育成に力を入れているのが決め手になった。渋野の明るいイメージは、サントリーの企業イメージにプラスになり、両者にとってウィンウィンの契約といえます。サントリーは引退後の宮里藍もサポートしており、宮里が米ツアーで培ってきた有形無形の財産を渋野が引き継ぐこともでき、メリットは大きいといえます」

 渋野は来年から米女子ツアー参戦を表明しているが、「心配なのが英語。どう勉強していいのかわからない」と会見で不安を口にした。すると、すかさず宮里が「私も最初は話せなかった。でも食事と一緒で、すぐに慣れる。英語はたいした問題ではない」とアドバイス。そんな悩みも宮里に相談すればすぐに解消できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る