ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

公開日: 更新日:

 阪神監督時代、最大の失敗は「野村ノート」に象徴されると思う。

 ヤクルト時代、首脳陣へ配られた「野村ノートのコピー」が、阪神で大問題になった。

 阪神監督1年目。キャンプイン前日、信じられない異変が起きた。記者相手に野村監督、阪神をベタボメしたのだ。

「ここの選手、みんな真面目やないか。聞いていた話とは違う。話をしてよう分かったわ」

 人気球団で甘やかされている、という評判とは違っている。素直な選手たちと褒めた。

「ここは、フロントも気が利いているね。監督室の机にノートとペン、必要な筆記用具、きれいに全部そろっていた」

 暗にヤクルト球団を批判した。

「記者さんも緊張感が違うようやな。人気のある注目球団やから、取材も大変やろ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る