羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野日向子は米女子2試合中止の誤算をどうリカバリーする

公開日: 更新日:
渋野日向子(C)日刊ゲンダイ

 米女子ツアーはタイ、シンガポールの2試合が新型コロナウイルスのため中止になり、出場予定だった渋野日向子のスケジュールにも影響が出ました。これまで海外の試合は勝った全英女子オープンと台湾での2試合だけです。今回は、東京五輪に出場する選手が、どんな仕上がりをしているのか、世界の実力…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  5. 5

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  6. 6

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  7. 7

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

もっと見る