羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山英樹が復調の兆し 契機はマレット型パターへの変更

公開日: 更新日:

 松山英樹が「ジェネシス招待」5位に続き、「WGCメキシコ選手権」6位と2週連続トップ10を決めて調子を上げています。

 大きいのはパットの復調です。「ジェネシス招待」ではストローク・ゲインド・パッティング(SGP=パットがスコアに貢献したスタッツ)が63位でしたが、先週は33位と大きく改善されています。初日8位、2日目4位といいスタートを切りながら、3日目にスコアを伸ばせずに9位に後退したのもSGPが最下位だったからです。

 パットの良し悪しだけで順位が大きく変わり、ほんの小さなミスが命取りになるPGAツアーのレベルの高さ、競争の激しさをよく物語っています。グリーン上ではチャンスを1つでも多くモノにして、苦しいパットをしのいでいかないと優勝争いに加わるのが難しいのです。

 予選通過の危機から64と爆発したジェネシス招待3日目から投入したマレット型パターを使い続けているのも好調の要因だと思われます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る