中日・根尾はキャンプで前進 プロ2年目で潰すべき課題とは

公開日: 更新日:

 大阪桐蔭で春夏連覇を達成した中日根尾昂(19)は1年目の昨季、新人合同自主トレ期間中に故障。キャンプをリハビリに費やしたことを考えれば前進している。

 課題の打撃では、実戦計7試合で23打数6安打、打率・261。16日の広島との練習試合では途中出場で2打席連続三塁打を放ったが、併用される遊撃と外野の守備でそれぞれ、打球の目測を誤ることがあった。

 人気、注目度が高い選手だけに、すぐにでも一軍で使いたいのはやまやまだろう。ただ、与田監督は期待を寄せつつも、13日のDeNA戦後には「結果が出ているのは大事なことだが、まだまだ身につけていかないといけないところがある。守備とか含めて、満足できるところには来ていないので、ちょっとずつでいいので練習してほしい」と語った。

 ライバル球団の関係者は、「中日の野手は、捕手を除いてほぼメンバーが固定されている。いくら人気選手とはいえ、結果を残さないことには一軍定着は難しい」とした上で、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る