ヤ軍田中将大 宿敵・Rソックスに全球種制して手応えの零封

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(31)が3日のレッドソックス戦に登板し、3回を無安打無失点、5奪三振だった。

 田中はレギュラーシーズンと変わらぬ最速約151キロの球速を記録し、変化球も丁寧に投げ分けてレッドソックス打線を手玉に。三回、味方の失策で出塁を許したが、後続を打ち取って、予定していた3イニングを40球でまとめた。キャンプ直前、2018年のMVPベッツがドジャースに移籍したとはいえ、依然として強力な打線を相手に順調な仕上がりを披露した。

 このキャンプで昨季、不調だったカットボールの改良に取り組んでいる田中は「前回登板(2月26日のナショナルズ戦)よりも全ての球種でしっかりと制球できた。軌道とかも良かった」と自画自賛。「打たれた、抑えたという結果はどうでもいい。投球の手応えとしてはいい」と、気を引き締めるように話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る