レイズ筒香が初の「1番・三塁」で無安打 同地区に左腕の壁

公開日: 更新日:

 レイズ・筒香嘉智(28)が9日(日本時間10日)のブルージェイズ戦に、オープン戦初の「1番・三塁」で出場。昨季のナ・リーグ最優秀防御率左腕で韓国出身の柳賢振(前ドジャース)に対し、タイミングが合わずに第1打席は二ゴロ。1死一塁で迎えた三回には空振り三振に倒れ、3打数無安打1三振だった。相手のエース左腕に封じ込まれた。

 2月24日のレッドソックス戦では救援左腕スプリングスから初本塁打を放った。ここまでは投手の左右に関係なく結果を残しているが、レギュラーシーズン開幕後は、簡単に仕事をさせてもらえないかもしれない。レイズと同じア・リーグ東地区のライバル球団には、メジャーを代表する左腕が揃っているからだ。

 この日、対戦した柳以外にも、レッドソックスには昨季19勝(6敗)のロドリゲス、最多奪三振2度のセール、魔球と評されるチェンジアップの使い手で昨季12勝(11敗)のオリオールズ・ミーンズらがいる。昨季15勝(6敗)のヤンキース・パクストンは腰を手術して開幕に間に合わないものの、劇的な回復を見せており、4月中旬から5月上旬に戦列復帰する見込みだ。いずれも左打者を比較的、得意としており、クリーンアップを打つ予定の筒香のバットは沈黙しかねない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に