元大関・高安が救急搬送 力士生命を脅かす左足のバクダン

公開日: 更新日:

 力士生命の危機かもしれない。

 11日、元大関の高安(30)が鶴竜戦で負傷。突き落としで土俵に落ちると、腹這いのまましばらく立ち上がれず、左足を押さえて苦悶に顔をゆがめた。

 取組後は車イスで医務室に直行。そのまま病院に救急搬送された。

 高安は突き落としを粘ってこらえようとした際、一瞬、前屈運動のように左手のひらと左足が同時に土についた。左足が思い切り伸びていたのだ。

 高安は左足にバクダンを抱えている。2015年9月場所、逸ノ城戦で左下腿筋を挫傷し、同時に足首の関節靱帯も損傷した。そのバクダンが爆発となれば、相撲人生にも影響しかねない。高安は右足にも古傷があるので、今後も連鎖的なケガの恐れがある。

 兄弟子の元横綱稀勢の里(現荒磯親方)のように、ケガに泣かされるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る