ラグビーW杯「黒字68億円」狙う 森喜朗元首相の“権謀術数”

公開日: 更新日:

 2019年秋に開催されたラグビーW杯の日本大会が<68億円の黒字>となり、黒字分は3月末で解散する組織委員会から日本ラグビー協会が引き継ぐことになった。もちろん注目は<何に使うのか?>だが、どうやら協会が基金をつくり、ラグビー界の活性化につながるレガシー(遺産)事業に取り組むともっぱら。

 レガシー事業の内容は①移転整備後の秩父宮ラグビー場にミュージアムを設置②日本とアジアでの競技振興③ラグビーを通して地方活性化……と組織委員会は言うが、競技人口低下に悩まされている現状から「全国にクラブチームをつくって資金援助」「既存の高校ラグビー部がつぶれないように助成」という声が現場から噴出している。

「そもそも事業自体がウサンくさい団体に仕切られようとしている」と某放送関係者が続ける。

「組織委の会長である森喜朗元首相は組織委解散によって、政治的影響力の低下を恐れているようです。そこで一般財団法人の日本スポーツレガシー・コミッションという名称の団体を設置。最高顧問に就任して財団法人にニラミを利かせ、アレやコレやに口をはさみながら、存在感を維持したいという思惑があるといわれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る