ラグビーW杯「黒字68億円」狙う 森喜朗元首相の“権謀術数”

公開日: 更新日:

 2019年秋に開催されたラグビーW杯の日本大会が<68億円の黒字>となり、黒字分は3月末で解散する組織委員会から日本ラグビー協会が引き継ぐことになった。もちろん注目は<何に使うのか?>だが、どうやら協会が基金をつくり、ラグビー界の活性化につながるレガシー(遺産)事業に取り組むともっぱら。

 レガシー事業の内容は①移転整備後の秩父宮ラグビー場にミュージアムを設置②日本とアジアでの競技振興③ラグビーを通して地方活性化……と組織委員会は言うが、競技人口低下に悩まされている現状から「全国にクラブチームをつくって資金援助」「既存の高校ラグビー部がつぶれないように助成」という声が現場から噴出している。

「そもそも事業自体がウサンくさい団体に仕切られようとしている」と某放送関係者が続ける。

「組織委の会長である森喜朗元首相は組織委解散によって、政治的影響力の低下を恐れているようです。そこで一般財団法人の日本スポーツレガシー・コミッションという名称の団体を設置。最高顧問に就任して財団法人にニラミを利かせ、アレやコレやに口をはさみながら、存在感を維持したいという思惑があるといわれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る