コロナ禍でも143試合 なぜ球団とNPBは通常開催にこだわる

公開日: 更新日:

 また、12球団は開幕するまでの期間、公式戦として予定されていた対戦カードに沿って、無観客で練習試合を行うことも決まった。が、ここでもお金の問題が浮上している。放送関係者が言う。

「練習試合に伴う移動費、宿泊費などの費用は各球団が負担する。一軍の首脳陣、選手、スタッフら総勢60~70人で1泊あたりの宿泊費だけで100万~120万円程度といわれている。開幕日がズレ込めばズレ込むほど、球団は赤字になる。そのため各球団は、練習試合に伴う出費を試合中継の放送権料で賄おうとしている。もともと、3月20日以降は公式戦の中継が組まれているからね。ただ、練習試合を組む際に、3連戦が2試合になったり、ナイターがデーゲームになったりするため、公式戦と同じ放送権料というわけにはいかない。もし公式戦の開催方式が変われば、地上波やBS、CS、ネット配信の放送権料の見直しを検討せざるを得ない」

 12球団はコロナ禍によって、シビアなマネー問題に直面している。あくまで例年通りの開催にこだわるのはそのためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  7. 7

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る