巨人10戦勝ちなしOP戦最下位で…一軍と二軍を大シャッフル

公開日: 更新日:

 2勝8敗3分けでオープン戦単独最下位に沈む巨人。球団ワーストの10試合勝ち星なしで7連敗と、今がドン底である。元木ヘッドコーチは前日の敗戦後、「開幕が遅れた分、もう一回、打者も投手も調整をし直す」と明言した。

 特に深刻なのは、オープン戦のチーム防御率4・46(12球団ワースト2位=12日現在)の投手陣だ。開幕ローテ入りが濃厚だった桜井は前日のソフトバンク戦で4失点KO。宮本投手チーフコーチは「またリリーフをやってもらう可能性もある」と中継ぎへの配置転換を示唆。

 原監督の期待が大きかった畠、高橋といったローテ候補たちは、故障ですでに離脱している。不変なのは開幕投手の菅野くらい。元木ヘッドが言うように、調整をやり直すだけでなく、開幕ローテも勝ちパターンのリリーフ陣も外国人枠も、全て練り直しになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る